求人転職情報

就職活動について

今や学生での新卒時でも就職が困難な時代になり、毎年求人に対する競争率も増加傾向にありますね。何十社、何百社と採用面接に望んでも全て内定をもらえなかったというのも良く聞く話になりました。主に大手の人気企業にばかり着目してしまう学生の傾向にも問題はあるのですが、一度しかない人生ですし、一度就職してから何度も転職を繰り返すのは難しいですから、好条件の企業に採用希望者が殺到するのは当然です。日本では、一度就職した企業に定年まで勤める方が非常に多い傾向が根強いため、これも人気企業に採用希望者が殺到する要因に加わっています。これには、主に就職してからの経歴や、現場での成果を重視したり経験が重要視される傾向にある日本の転職活動では、非常に新卒時の就職した企業というのは、今後の人生を大きく左右する就職先となることは間違いないでしょう。

企業が採用者を決める条件とは

一般的に新卒での採用を決める際に、エントリーシートの書類と企業独自の筆記試験、グループでの討論会、面接などが主な内容となるでしょう。企業によっては、面接での対話能力を重要視するところもあれば、グループでの討論で自己主張の仕方を重要視するところなど様々です。企業としては、採用希望者がかなり増加している現代では、この4つの過程の中で、是非とも欲しい人材をピックアップする必要があります。しかし、人材の質を求めている企業と人材の量を求めている企業でも採用基準に大きな差があることは容易に想像できます。ではまず企業が自社にあっている人材や見合っている人材、逆に見合っていない、戦力にならないであろう人材を簡潔に篩いにかけるのは履歴書と筆記試験です。この少し書き方を気をつければ選考に通っているかもしれない、自己主張の仕方や論理性のない文章で書かれた履歴書などで落とされてしまうのは非常にもったいないです。こういった段階での不採用は是非とも少なくしていきたいものです。

面接について

書類選考に通った場合、面接は必ずどこの企業も設置しているところが多いです。チェックするポイントは企業によって様々ですが、基本的にはコミュニケーション能力に尽きます。面接者の質問を正しく理解し、簡潔に受け答えができるか、目を見て話すことができるか、質問に対して意欲的な姿勢で対話ができるかなど様々です。常に日ごろの日常会話から、若者言葉を使わないことや目上の方と話すときには敬語を正しく使う努力をしたり、簡潔に対話をするよう気にかけておく必要はあるでしょう。面接で上がってしまったり、上手く言葉が出ないというのも慣れが必要なのです。

 

転職や就職をスムーズに進めるならヒューマンタッチがおすすめ!